【各スタッフのインタビューあり】女性支配人と女性マネージャーが経営する女性の事を考え抜いたラブホテルを取材!【広島のラブホテル】

女性マネージャーの想い

洗練された小物でキュンっ

女性愛、男性愛、男女愛

生きていると色んな愛の形がある事に気付きます。
また性は生きる上での大事な色んな形があるコミニュケーションツールと考えています。

偏見がある世の中でも色んなものがあって普通なんだ。
時代とともに認識が変わってきています。
どのような方も安心して利用頂けるホテルを目指しています。

時代が移り変わりゆく度、新しい物が出てきます。
取り換えれば時代について行けますが、その中にも大事なものがあると思います。

古くても何故か気になるいつ来ても心地よいと感じるアットホームでありながら非日常を味わえるホテル作りをしたいと考えています。

私がホテルのコンセプトとして大切にしていることは

非日常の中にも日常を。

普段の生活にある物は無くさず、それ以外のもので非日常を作り上げていく。設備、清掃、接客、一つでも無くせばお客様の満足度に近づけない。

お金を投資せず出来ることは、スタッフの教育です。お金はかかりませんが時間と忍耐と知識と経験がいります。失敗を繰り返しながらですが、お客様に少しでもご安心してお過ごし頂けるよう接客、清掃の指導には力を入れております。

お客様のご指摘を真摯に受け止めて即座に修正するという考えを教える。分かって入るけども人がやる事なので、中々思ったようには行かない事だらけです。

一つずつ課題をクリアして行動していく事が、お客様への信頼と安心に繋がると考えています。

とは言えまだまだ課題だらけですが、大事なお客様をおもてなしするスタッフをこれからも育てて行きたいと考えています

各部署のリーダ様にもお話を頂きました!

葉っぱの上に塵もなし!行き届いた清掃!

(夜清掃リーダー)
お客様に気持ち良くご利用して頂くため、まず清潔感を第一に。そして、ファブリック類、小物などで女性目線のルームメイクに努めています。
また部下の教育にも力を入れています。

(夜フロントリーダー)
フロントとして心からごゆっくりしてほしい 次もご来店していただきたいと言う思いでありがとうございましたとお伝えしております。お客様には顔は見えないので声で親しみを持っていただけるように努めております。

(深夜リーダー)
自分の業務、フロントはお客様が最初に立ち寄るホテルの顔、又は印象づける場所だと思ってるので、顔は見えないにしろ、言葉遣いには丁寧で柔らかい口調で温かみのある接客で迎える想いでやっています。

(昼リーダー)
フロントからと申しますと…お客様のプライベートに害が無い様…不快な思いをさせない様に…又来店しようと思って貰える様にですかね!至って普通の事ですが…中々難しい事でも有ると思います。

接客業でも有るけどグレーゾーン。対応は短く…電話では分かりやすく説明…言葉遣いには気を付けております。

当たり前の事ですが…中々出来てない部分もあり…日々勉強です。

(昼清掃リーダー)
お客様が快適に過ごせる時間やまた利用して欲しい気持ちを持ちながら仕事をしています。掃除の面でも清潔感の部屋を提供したい気持ちを常に持ってます。

最後に…

各リーダー様には直接お会いできませんでしたが、意識や文章からホテルに関わるすべての人が思いやりとやりがいを持ってホテル作りをしてらっしゃるのを感じます!

女性目線の優しいラブホテルがこれからもどんどん増えてくると、女風ユーザーにも心強いですよね✨

広島ユーザーの方はぜひ一度訪れてみてください!

今回取材させていただいた
ホテルスターダストさんの公式HPはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。