【女性用風俗エリート集団】「特徴がない」が特徴!?謙虚な裏側に隠された凄まじいプロ意識。福岡を拠点に活動するガールズエクスタシーを徹底インタビュー

Q皆さんに受け継がれている優斗イズム的なものを教えてください!

優斗

なんだろ、結構簡単なところで言うと「癒してあげる」とかそういう上から目線はいらないとか、 そういうのあんまり評判良くないよーとか、 俺もちょっといい気しないもんね!とか伝えてるかな(笑)

女風レポ

(伝え方がとても柔らかい…)
他にも何か皆さんに伝えていることなど教えていただけますか?

優斗

うーん…なんだろ…普段は話の流れでさらっと言ってるから改まって言語化するのは結構難しいね(笑)

春馬

「女性に嫌な思いをさせない」と言うことを常におっしゃっているので、それがガルエクのキャストに受け継がれているとは思います。

女風レポ

嫌な想いというと、具体的にどんな事でしょうか?

優斗

お店のコンセプトが「誰でも安心して利用できるように」だから、 大体の人が嫌だよねって感じる事はしないようにっていうのがありますね。

本当に人それぞれなんで目の前の人によってしっかりと考えるのが大前提だけど…

サービスで例えると、痛いことって普通嫌だよねって思うけど、痛いのが好きな人もいるし…そう言った「本当を汲み取る力」も大切ですね。

Qたとえばこれは絶対にしない!みたいなルールを、あえて言葉にするとどんな感じですか?

優斗

「絶対に否定しない」ですね。これが一番です。

一回飲み込むというか…もちろん法律的な観点で犯罪的なこと言ってたら、それはだめだよと言うけど(笑)

話したい、吐き出したいことを一回受け止めてあげて否定しないって言うのが大切ですね。

あとなんだろ…

春馬

「絶対に怖い思いをしない」っていうのもあると思います。

「知ってたけど利用まで踏み切るのに勇気が出なくて時間がかかった。」などお客様から怖かったという想いをお話しいただくことが多くて、特に初めてだと怖いことだらけだと思うんですけど

ガルエクはどのキャストに入っても絶対に「怖い」とか、「使わなきゃよかった…」といった後悔はしないんじゃないかなと僕の感覚としては思います。

女風レポ

怖い想いをしない様に工夫されている点などありますか?

春馬

ガルエクは事前リクエストシートをお送りしてるので、口頭で伝えづらいことも事前に伝えることができるというのと

当日も問診、ヒアリングをしっかりと行うので「これをあんまりしてほしくないな…」ということはしないし、踏み込まない、いい意味での距離感を大事にできていると思います。

優斗

カウンセリングシートみたいなのはどこでもあると思うんですけど、ガルエクでは事前に伝えられるという点を大切にしていますね。

コピペできるフォーマットがあるので、それをメールやDMで直接送ることもできます。できるだけご利用前の不安を消したいのでこういった項目を作りました。

女風レポ

事前にWEBで伝えられる手段があるのは嬉しいですね。

ご予約の際の自動返信メールにURLがついているそうです。

Qガルエクの基礎となった優斗イズムについて伺ったのですが、優斗さん自体はキャストとしてどんな接客スタイルなのですか?

優斗

うーん…強いていうなら、受け止める系ですかね。
知らない間に包み込まれてる的なイメージです。

基本的には受け止めて、よしよしみたいな。甘やかしになるのかな?…違うか(悩)

優斗さんは僕らとは次元が違うというか…何系統とかじゃない、ガルエクの元祖みたいな。

お客様から優斗さんのお話を伺った時「優斗さんはレベルが違う」って仰ってて、受け止めに特化してるとかじゃなくて、オールマイティーに対応できるというか。

いろんな観点の受け止め方とか、提案の仕方とか、触り方とか…桁違いだと思います。

優斗

なんか、すごい(笑)
ちょっとそれは(笑)

この後スタバ奢ってもらえるやつですかね?(笑)

春馬

(笑)

百聞は一見にしかずじゃないですが、一回会って体験したら確実に伝わります。

Q皆さんのインタビューの中でたびたび「答えがない仕事」と言うワードが出てきますが、それについて詳しく教えてください。

優斗

いや本当にねー…。
皆んなのの話を聞いてたら、このお仕事について同じ考えを持ってくれてて、嬉しいです。
「答えがない」っていう事をわかってくれてる感じ。

答えはないですよねー…

春馬

(うなずく)

優斗

どういう形のご利用が多いかって大まかに言ったらセックスレスの方とか寂しい方っていう言い方になるけど…

単純にエロいことしたいんですって言う人もいたりとか、 人肌恋しいだけだから添い寝したいハグしたいって言っててもやっぱりそういうこと(エッチな事)したかったって打ち解けてから言ってくれたり(笑)

めちゃくちゃ緊張して言えなかったって言ってたなぁ…

その気持ちを引き出すのがやっぱり難しいですよね。

表だけの目的じゃなくて、本心を引き出す、探るっていうのは仕草とか目線とかから察しないとって感じです。

でもあくまで前提として、女性向け風俗と言うお店に声をかけてくださるっていうことは少なくとも、エッチな体験をしに来ているだろうから

会話だけでいいと言う言葉を鵜呑みにせず、常に何を求めているか考えるように意識してます

女風レポ

そこまで意識されているのですね。
一歩踏み出した女性にとって、とても心強いご意見を伺う事ができて嬉しいです。
(女風のエリート集団だ…!)

まとめ

第1回目の企画という事で、前例がないインタビューにも快くお付き合いくだり、たくさんの想いを教えてくれた福岡ガールズエクスタシー様。

女性にとって身体を預けることはとても勇気がいることです。たくさんの思いやりとおもてなしの心を持った穏やかな男性たちが迎えてくれる世界がある事を皆様にお伝えできたら嬉しいです。

(男性が苦手な筆者も、とても安心できる口調と雰囲気で自然とお話を伺う事ができました…これがガルエククオリティ…!)

福岡ガールズエクスタシー公式サイトはこちら

記事をシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です